Print
『新訳 “自分らしさ”を愛せますか』

レオ・ブスカーリア著 藤井留美訳
四六判 並製 288ページ
定価1,620円(本体1,500円+税)
ISBN 978-4-908184-05-5 C0098
2016年8月5日発売予定

内容紹介
全米で220万部・日本で50万部以上のベストセラーとなった名著が、全文翻訳をし直し、読みやすくなって復刊!
南カリフォルニア大学で開講していた愛やいのちの大切さについての講義「愛の授業」は、テレビ番組になり全米に放映され人気を博しました。この「愛の授業」をまとめたのが、本書です。
教師にとって一番大切なことは何か? 生きることの意味とは何か? 愛とは何か? 人生とは何か? など、私たちにとって大切なことを教えてくれる一冊です。
人生と愛について多くの人と分かちあうことに人生を捧げた『葉っぱのフレディ』の著者レオ・ブスカーリア博士の名著をお楽しみください。

================================

【著者紹介】

レオ・ブスカーリア(Leo F. Buscaglia, Ph.D.)
1924年3月31日生~1998年6月12日没
教育学博士。南カリフォルニア大学特別教育学部教授。
“愛の博士”として知られ、いのちの大切さを学び教える絵本『葉っぱのフレディ』の著者としても世界的に有名。
南カリフォルニア大学で開講していた愛やいのちの大切さについての講義「愛の授業」は、テレビ番組にもなり全米に放映された。また、人生や愛への理解を深め、それを多くの人と分かちあうことに人生を捧げた。

【訳者紹介】

藤井留美(ふじいるみ)
翻訳家。
訳書に、マルコム・グラッドウィル『逆転!―強敵や逆境に勝てる秘密』(講談社 2014年)、マイケル・S・ガザニガ『〈わたし〉はどこにあるのか―ガザニガ脳科学講義』(紀伊國屋書店 2014年)など多数。

書籍のご購入はこちら